ホツマが人生学習で得てきたこと

ホツマがいままでの人生で学んできたこととかを、みーんなはきだしまーす。

神様とホ・オポノポノ

f:id:hotsumax:20170118180708j:plain

ホツマです。
あけましておめでとうございます。

今年のお正月は穏やかでしたね。

最近は東京も寒さが増してきて、朝晩はマフラーが手放せないですね。

さて、今回は神様とホ・オポノポノについて書きたいと思います。

神様については、子供のころからずっと日本の神様にお世話になっていて、まもられてるなぁといつも実感して感謝してます。

ホ・オポノポノについては、20代の頃仕事で落ち込んだときがあって、いろんな本を読み漁ってたところ、偶然目にとまったのが出会いの始まりでした。

なんでこの二つを同じ記事に書こうと思ったかというと、面白いことに、教えの柱がほぼおんなじだと思ったからです。

そして、これまでの人生を振り返ってみると、この教えは本物だなと、私には思えますので、もしこの記事を読んで気になったら、まずはホ・オポノポノを始めてみるのが手頃かもしれません。

教えの柱を簡単に解説すると、人生の出来事や経験することは全て、生命誕生から蓄積されている記憶の再生が原因で、記憶を手放していくことで、ゼロ、無になり、神聖なる存在からのインスピレーションで生きられるようになることで、本当の人生をいきることになる、というものです。

日本の神様の教えだと、先祖代々の因縁が悩み苦しみの原因で、目に写る出来事や経験することが因縁に気づくヒントで、因縁をなくしてもらえるように神様にお詫びしていくことで、災いを福に転化して幸せな人生を歩める、となります。

ほぼ同じですよね。

ホ・オポノポノでは、記憶を手放すために、クリーニングといって、その出来事や思いにたいして、ありがとう、こめんなさい、許してください、愛してます、と、心のなかでいいのでつぶやくことをします。
自分のなかのウニヒピリ(英語だとインナーチャイルド、日本語だと潜在意識になりますが)に話しかけることになります。
自分の出来事だけでなく、他人のことも、見たり聞いたりしたことも、全て自分がクリーニングする責任があると認めて、ひたすら全部クリーニングします。
YouTubeにある、ヒューレン博士の瞑想動画が分かりやすいです。

日本の神様も、相手は自分を写す鏡だと言っていて、嫌なことをされても、因縁を教えてくれたのだから、お詫びと感謝をする、ひたすら全部お詫びと感謝をします。

どちらも本当に素晴らしい教えだと思います。

実は最近、首筋と背中にちょっとした痛みがあって、ほおっておいたんですが、なかなか治らないなと思っていたところ、忘れかけていたホ・オポノポノの本に再会して、そうだった、この出来事にお詫びと感謝だったな、神様もそう言ってたなと思い出させてくれて、2週間くらい続けていた頃かと思うのですが、あれ?そういえば痛くなくなったなと気づきました。

大事なのは、ひたすらお詫びと感謝をすることで、これをやったらなにかいいことが起こるとか、病気が治るとかを期待しないことです。

期待の気持ちが起きたら、その気持ちもクリーニング、お詫びと感謝をすることで手放すことです。

それが、ゼロということなのかもしれません。

そうすることで、たとえば病気をクリーニングしていたのに、友達との人間関係が良くなるとか、違うところがよくなったりもするそうですから、期待しても意味がないですね。

YouTubeにあったヒューレン博士のインタビューで、良いものがあるので、検索してみて下さいね。

ホ・オポノポノのオススメ本はこれです。
たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」

基本の全部がわりやすく書かれてあると思います。

今回はここまで。

早速私もクリーニング。

この記事、そしてこの記事を読む人たち、はてなブログ、何かの記憶がこの体験をさせている、記憶を手放す機会を与えてくれてありがとう、こめんなさい、許してください、愛してます。