ホツマが人生学習で得てきたこと

ホツマがいままでの人生で学んできたこととかを、みーんなはきだしまーす。

かなーりお久しぶりです

f:id:hotsumax:20180922214512j:plain

かなーりお久しぶりです、ホツマです。

前回投稿の後、アナスタシアを6編まで読んだんですが、そのあとも芋づる式にスピリチュアルな本とかにどんどん出会ってしまい、仕事が忙しくなったこともあり、ちょっと心の整理をして、自分のこれからの生き方をゆっくり考える時間をとってました。

まぁ、ゆっくり考えてるうちに、このブログのこともすっかり忘れてしまってたんですが(^_^;)、最近、あ、ブログに最近まで学んできたことをまた書いてみようかなと思ってあらためて過去記事を読み返したら、記事少ないな~と思いつつ、いいこと書いてる~とひとり泣きしました(^_^;)

全部消して新しく書こうかなとも思ったんですが、過去記事は若干手直しするかもしれませんが、このまま追加で書いていこうかなと思います。

というのも、根本的には大きく考えが変わったんではなくて、より確信が強くなったり、幅広く知ることができたということだったんだなと思うからです。

今日はもう眠いのでここまで!

明日から書くことを整理して、またマイペースに投稿していきます。

今後投稿する記事で、人類と地球と宇宙の穏やかな進化向上に貢献できますように。

ありがとう
愛してます

生き方を見直させた アナスタシア

ほつまです、お久しぶりです。

呑気なので長いこと更新してませんでしたが、この間、これからの生き方を見直す新しい出会いがありましたので、記事にします。

きっかけは、アナスタシアという、シベリアのタイガに住んでるという女性についての本なのですが、初めて知ったのは雑誌のムーに関連したオカルト女子会というとても怪しいYouTubeの番組でした。
それを暇潰しに見たのですが、そのなかででてきたアナスタシアという言葉が気になって検索したところ、なにやら6編ほど日本語版が出ているそうな。
Kindle版が1300円くらいとお安いので、とりあえず1編を読んでみたところ、あれよあれよと3編まで2日で読んでしまいました。
4編以降は書籍しかないので取り寄せて、いまは4編を半ばまで読みました。

なぜかというと、いま思うに、私の中で本心というか、善意というか、真心というか、理想というか、皆さんも心当たりがあるのではと思いますが、社会生活上こうするしかないとは思いつつ、ホントは違うんじゃないかなと思っていることが、ほぼ思った通りのことが書いてあるからだったんだと思いす。
あと、こういうことももしかしてあるんじゃないかということも書いてました。

そうそうそう、と思いながら、で、何で人間は生まれてくるの?UFOってなに?神って?そんな疑問にどんどん答えていて、何となく直感で思っていたことがほぼ当たってる、4編まで読んで、なんでか何度も涙が流れました。

これから、真心にしたがって生きようと決めました。

このブログに書いてある記事も、いくつか見直します。
テクニック的にはあるけど、本質はこれではないという感じに修正すると思います。

もう数年前から出版されている本なので、いまさら感のある方もいるかもしれませんが、まだ読んでない方はぜひ読んでいただきたい。
でも、落ち着いて、自分の心で慎重に吟味してください。

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)

アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

愛の空間 (響きわたるシベリア杉 シリーズ3) (アナスタシア第3巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

愛の空間 (響きわたるシベリア杉 シリーズ3) (アナスタシア第3巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

共同の創造 改訂版 (アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ)

共同の創造 改訂版 (アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ)

  • 作者: ウラジーミル・メグレ,岩砂晶子,にしやまやすよ
  • 出版社/メーカー: 直日
  • 発売日: 2015/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

私たちは何者なのか (アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ)

私たちは何者なのか (アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ)

一族の書 (アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ)

一族の書 (アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ)

  • 作者: ウラジーミル・メグレ,にしやまやすよ,岩砂晶子
  • 出版社/メーカー: 直日
  • 発売日: 2017
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

人類が正しい道を歩んでいきますように。

高木里代子さん イイネ

f:id:hotsumax:20170129015225j:plain

たてつづけにこんばんは、ホツマです。

今晩は衝撃的な出会いがあったので、これも書いておきます。

それは、ジャズピアニストの高木里代子さんです。

YouTubeで偶然出会いました。
それは出会いじゃないだろという突っ込みも聞こえましたが(^_^;)
でも、可愛いとかおっぱいが大きいとかじゃなくて(笑)、この人の演奏の透明感と、明るいノリ、誠実さ、が演奏に乗っていて、聞いててすごく心地良いんです。(^-^)

高木さんだけじゃなく、最近女性のジャズピアニストが増えてるみたいで、なんか優しさが世の中に増えてるような気がして、ちょっと嬉しい。

男も頑張らないとだけど!笑

あ、これは番外編ということで。(^_^;)

気になった人はこちらを。
http://ameblo.jp/riyokotakagi/

これも過去の記憶の再生かもしれない!
ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛してます。

女性の素晴らしさ

f:id:hotsumax:20170129004219j:plain
これは某すごい良い温泉です。
朝早くてだれもいなかったので記念撮影(笑)

こんばんは、ホツマです。
今年もよろしくお願いします。

年が明けたのに、なかなか記事を書こうという気が沸かなくてここまで来てしまいましたが、ついさっき、ある記事を読んでて、書こうという気が沸いてきたので書きます。
あー、こんな感じ大好き。

不思議なことにさっきからなんだか良い香りが漂ってて、やる気がどんどん出てくる!
眠いけど(笑)

今回の話題は、女性の素晴らしさ、です。

知ってるよって方も多いかも知れないなーとおもいつつ、知らないふりして書きます。

女性ってスゴいです。

なせか。

男も女も女性から生まれるんです。

これが全てを包含してると思うんですが、詳しくいうともっとあります。

下ネタから先にいうと(^_^;)、女性は一度に何人でも男の人を癒せます。
男は一人を相手にするのが精一杯。

ここで、以前ご紹介した房中術でいうと、実は男が出しちゃうのを我慢するという秘技があります。

これができれは、男も何人か一度に癒すことができます。

が、私はできるようになったんですが、面白いことに、何人も相手にしたくなくなります。
一人の女性がホントに愛しくなるからです。
色んな女性を抱きたくなるのは、ホントの性愛を体験してないからです。

なので、ぜひ体験してほしいです。

あ、話がそれました(^_^;)

この話で言いたかったことは、男も自分の中の女性性というか、女性を本当に理解する心を育てると、この世の中は素晴らしい世界になるんじゃないかと思うということです。

男優先の社会は限界があって、女性を本当に理解する社会はもしかしたら限界がないのかもということです。
まあ、とんでもな話に思えるかもしれませんが、私は結構本気で考えてます。

考えてみてください、植物とか動物とか、何にもしなくても勝手に繁殖してます。
地球が生まれてから何十億年か知りませんが、人類まで発生しちゃいました。

これは自然の絶妙なバランスが成した技(私は神様が成した技だと思ってますが)だと思います。

東洋では昔から陰陽のバランスでこの世が成り立ってると言われてきました。

私はホントにそうだと思います。

いままで男性中心の世の中でした。
戦争などの争い、競争、差別等分離が中心の。

女性にもこういうのを好む人もいますが、私の感覚では女性はどちらかというと包み込むのが特性だと感じているんですが、女性がみんなそうだということではなく、女性的な、陰陽でいうと、陰の気質が包み込むような感じということです。

子供を出産するまでには、たくさんの、それも大変な痛みを伴います。
私は男なので体験したことはないですが、友達が妊娠したとき、少しでも楽になればと思い、池川明さんの笑うお産という本をプレゼントしたんですが、出産したあと、いやー笑えませんでしたー、って言われました(^_^;)
リンク貼りますけど、役に立つかなー(^_^;)

笑うお産

あ、また話がそれた(^_^;)

それから、男として感じる女性の素晴らしさは他にもあります。

それは、そばにいるだけで癒されることです。
まあ、これは若干お互いにあるかもですが、でも男の方が女性に癒されることが強い感じがします。

というのも、男は、というか私の感じですが、女性に喜んでもらえるとホントに嬉しいです。
見返りがなくても嬉しいです。
ありがとう、とか笑顔があるだけで嬉しいです。
もうそれだけで尽くしちゃう!と思います。(^_^)

なんか、こう思わせるのが女性性なのかなと思います。

実は、男も社会的に出世するにはこれが重要になります。
具体的にいうと、上司とか後輩とか部下とかに接するときに必要になります。


男にも女性性がないと絶対出世できないなと思います。

これが、女性の素晴らしさ2です。

これだけあれば十分でしょうね。

ただ、陰と陽の話と同じで、女性は男性から学ぶこともあるかもですが。

でも、女性には、もっとイキイキと生きていただきたいです。
この記事は全部は読んでないんですけど、なんか感銘をうけたので、リンクを貼っておきます。

http://wind.ap.teacup.com/rico4299/84.html

追記
そうそう思い出した。
私は女性のスッピンが好きなんですよ。
なのに現代の女性はスッピンじゃ外に出られないとかいってマスクして出掛けるんですよね!
あり得ない!
美しいスッピンなのに!!!
それだけは言いたかったです。(^_^)

もう夜も更けてきたので、今回はここまで。

この記事を書いたのも過去の記憶の再生かも知れないので、恒例のホ・オポノポノ。

ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛してます。

感謝

神様とホ・オポノポノ

f:id:hotsumax:20170118180708j:plain

ホツマです。
あけましておめでとうございます。

今年のお正月は穏やかでしたね。

最近は東京も寒さが増してきて、朝晩はマフラーが手放せないですね。

さて、今回は神様とホ・オポノポノについて書きたいと思います。

神様については、子供のころからずっと日本の神様にお世話になっていて、まもられてるなぁといつも実感して感謝してます。

ホ・オポノポノについては、20代の頃仕事で落ち込んだときがあって、いろんな本を読み漁ってたところ、偶然目にとまったのが出会いの始まりでした。

なんでこの二つを同じ記事に書こうと思ったかというと、面白いことに、教えの柱がほぼおんなじだと思ったからです。

そして、これまでの人生を振り返ってみると、この教えは本物だなと、私には思えますので、もしこの記事を読んで気になったら、まずはホ・オポノポノを始めてみるのが手頃かもしれません。

教えの柱を簡単に解説すると、人生の出来事や経験することは全て、生命誕生から蓄積されている記憶の再生が原因で、記憶を手放していくことで、ゼロ、無になり、神聖なる存在からのインスピレーションで生きられるようになることで、本当の人生をいきることになる、というものです。

日本の神様の教えだと、先祖代々の因縁が悩み苦しみの原因で、目に写る出来事や経験することが因縁に気づくヒントで、因縁をなくしてもらえるように神様にお詫びしていくことで、災いを福に転化して幸せな人生を歩める、となります。

ほぼ同じですよね。

ホ・オポノポノでは、記憶を手放すために、クリーニングといって、その出来事や思いにたいして、ありがとう、こめんなさい、許してください、愛してます、と、心のなかでいいのでつぶやくことをします。
自分のなかのウニヒピリ(英語だとインナーチャイルド、日本語だと潜在意識になりますが)に話しかけることになります。
自分の出来事だけでなく、他人のことも、見たり聞いたりしたことも、全て自分がクリーニングする責任があると認めて、ひたすら全部クリーニングします。
YouTubeにある、ヒューレン博士の瞑想動画が分かりやすいです。

日本の神様も、相手は自分を写す鏡だと言っていて、嫌なことをされても、因縁を教えてくれたのだから、お詫びと感謝をする、ひたすら全部お詫びと感謝をします。

どちらも本当に素晴らしい教えだと思います。

実は最近、首筋と背中にちょっとした痛みがあって、ほおっておいたんですが、なかなか治らないなと思っていたところ、忘れかけていたホ・オポノポノの本に再会して、そうだった、この出来事にお詫びと感謝だったな、神様もそう言ってたなと思い出させてくれて、2週間くらい続けていた頃かと思うのですが、あれ?そういえば痛くなくなったなと気づきました。

大事なのは、ひたすらお詫びと感謝をすることで、これをやったらなにかいいことが起こるとか、病気が治るとかを期待しないことです。

期待の気持ちが起きたら、その気持ちもクリーニング、お詫びと感謝をすることで手放すことです。

それが、ゼロということなのかもしれません。

そうすることで、たとえば病気をクリーニングしていたのに、友達との人間関係が良くなるとか、違うところがよくなったりもするそうですから、期待しても意味がないですね。

YouTubeにあったヒューレン博士のインタビューで、良いものがあるので、検索してみて下さいね。

ホ・オポノポノのオススメ本はこれです。
たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」

基本の全部がわりやすく書かれてあると思います。

今回はここまで。

早速私もクリーニング。

この記事、そしてこの記事を読む人たち、はてなブログ、何かの記憶がこの体験をさせている、記憶を手放す機会を与えてくれてありがとう、こめんなさい、許してください、愛してます。

若者に知ってほしい真のセックス、エッチ

f:id:hotsumax:20161227095115j:plain

おはようございます。
ホツマです。

今日は冷えますねー。

さて今日は、私の人生でもとても重要な事柄について書きます。
大多数の方にとっても重要なのではないかと思いますが、それは、セックス、男女のエッチというか、まぐわいというか、交わりというか・・・、についてです。

最近の若者はセックスに興味が薄いという話も聞くので、見てくれない人もいるかも知れないけれど、これはただのエッチでスケベな話じゃなくて、かなり真剣な話で人生や宇宙にとっても大事な話だと思うので、良かったら目を通してみてくださいね。

あ、ちなみに、私が書くのは男女のセックス、交わりについてで、同性同士のについては門外漢なので言及しません。
お互いを愛するという観点では同じなので、なにか参考になったりするかもですが。。。

それから、私が男なので、男の目線で学んできたことを中心に書いていきますが、最後は男女ともに大切な話になるので、女性も良かったら読んでみてくださいね。

さて、男にとってセックスというと、アダルトビデオとかエッチな本とか、中にはアニメとか小説とか
に表現されてるものを思い出すと思います。

特に具体的な方法はアダルトビデオで学んだ人が大半と思います。

実は、これのほとんどが間違っているというか、男中心の仕方になっていて、女性にとってははた迷惑な話だったんです。

真のセックスは、男女ともに喜び、幸せを感じ、お互いを高め合い、ひとつになって、成長していくというか進んでいくプロセスなのではないかと、私はいろんな学びからそんなふうに思っています。

私は親が比較的厳格で、学生の時は付き合っちゃダメ、セックスなんてとんでもないという家庭で育ってきたので、30代まで未経験でした(^_^;)

でも、そのお陰で、セックスや性が何なのか、何で性欲があるのか、浮気とかしてる人もいるし、誰とでもできるから愛とは関係ないのかとか、いろいろ考えたり学ぶことができて、いまとなっては感謝しています。

あ、未経験のかたに大事な情報ですが、未経験だからといって風俗に行くのはあんまりおすすめできないです。

他の記事で詳しく書きますが、宇宙は波動でできているんですが、異性と交わるとその波動と交わることになるので、自分の波動に影響が出ます。

風俗の女性はどうしてもいろんな異性と交わるので、波動がすごい高い人ともすごい低い人とも交わっている可能性があり、かなり波動が低くなっている場合もあります。

自分の波動を高めたいと思っているのに、波動が低い人と交わると、ガクッと波動が下がるそうです。

それも各人の自由意思で選択できるし、波動が下がっても上げればいいので、絶対ダメというわけではないですが、人類と地球と宇宙の平和的な進化のためには、私たち人間の波動が高いほうが方が良いので、波動が同じくらいか少し高い人と交わるのをおすすめします。

話をもとに戻しますが、
そんななか、ネットであやしい情報に出会って、それから私のセックスに対する考え方がガラッと変わりました。

その時の情報はいまはどこにも無さそうなのですが、どうやら中国の房中術(ぼうちゅうじゅつ)というものが似ているようなので、詳しく学びたい方はAmazonとかで分かりやすいものがあるので、買って読んでみてください。
最後の方におすすめを載せておきます。

ここでは簡単に基本的なことを書いておきたいと思います。

まず、男性は女性から作り出されたのかもしれないということから。
あやしいですよね(^_^;)

でも、赤ちゃんがお腹のなかで姿を変えて成長しますが、進化の過程だと指摘している人もいますよね。
男の子になるには、まず、女の子のからだになってから、ホルモンのバランスを変えて男性の性器が出来上がるんだそうなので、結構信憑性があるのではないかと思ってます。

つまり、女性を守り、喜ばせるために生まれたのが男なんだというのが根本概念です。

男って惚れた女性がいるから頑張れる、喜ぶ顔が嬉しい、誉めてくれるとなお嬉しくて頑張っちゃうんですが、不倫する人の多くは、女性が喜んでくれない誉めてくれない、必要とされてないと感じて、不倫に走っちゃうらしいので、それわかるなーと思いました。

セックスだけじゃないですが、男は女性を喜ばせないと幸せになれないんですね。

もちろん、女性の方も、一生懸命頑張ってる男性の小さな成果を誉めてあげたり、喜んだ笑顔を見せてあげるのも大切だと思います。

この世は円の法則というのがあるらしく、与えれば与えられる、奪えば奪われる、陰と陽が循環するように、まさに、人類にとっては男女がその根本だと思いますが、対立するものがお互いを助けるというか立てるというか、補完しあうことで、陽のスパイラルになって向上して、みんなが幸せになるという道理が、私も実感があります。
対立するものは男女だけでなく、親兄弟、上司、部下、後輩、客、国、人種などなど全てです。

今回はセックスについての話題なので、セックスについてだけ書きますが、基本はこの道理があるので、これを意識するだけでも、人生がとても良くなると確信してます。

では、ちょっとだけ具体的なことを書きます。
あくまでも私が学んできた基本ですから、皆さんで発展させて下さいね。

まず、大事なこと。
男性は熱しやすく冷めやすい。
女性は熱しにくく冷めにくい。
陰と陽の違いのごとく、男女には性質の違いがあります。
男性は自分だけ熱くなって突っ走らないように、根気よくゆったりと接するのがとても大事です。
女性は、たまに突っ走っちゃう男を温かく見守ってあげて、たまには自分からこうしてほしいと優しく誘導してあげるといいかもです。

1、基本的に女性は受け身で、男性が段取りする。
もちろん、女性がしてあげてもいいですが、男が発生した理由を考えると、基本は男性が段取りするのが一番いいでしょう。

2、前戯を長めにしっかりやる
服を脱がす前、脱がしたあとと、女性の全身を優しく撫でて愛撫する。
キスは始めはフレンチ・キスで軽く優しく何度も、気持ちが盛り上がってきたらディープ・キスをしてもいいです。
女性のほほが赤みを帯びるくらい高揚してきたら次に進みます。
この辺のやり方は、アダムタッチのスローセックスを参考にするといいでしょう。

3、挿入は最後の最後
手マン、クンニで充分女性を満足させます。
ゆっくり優しく、クリや膣を触るときは特に優しく、膣に指をいれるときは膣の愛液を使うか唾液をつかってゆっくり優しくします。
ちなみに、この辺のやり方は、女性プロガーが書いてるブログがとても参考になりました。

4、挿入
ゆっくりと一旦挿入したら、しばらく抱き合って動かないこと。
すると、膣が男性器になじんできます。
詳しくは房中術の本を読んだ方がいいですが、次に男性が丹田に気をためて女性の子宮に気をポンとあげるイメージをします。
この辺、すごくあやしいですが、やってみると体感で重要性がわかってきます。
充分にキスをします。

5、ピストン
房中術では、九浅一深を九回、三浅一深を九回やるとあります。
九浅一深は、膣口付近の浅い所を九回ピストンし、一回奥まで挿入するという意味です。
あくまでもゆっくりピストンします。
この辺は臨機応変に。
ピストンの際、舌を絡めるのも大切ですが、ある本だと抱き合いながらピストンすると、男性がすぐいってしまうので良くないというのもあります。
わかります(^_^;)

6、射精しない
房中術では、できるだけ射精しない方がいいとあります。
おしりの穴をギュット絞っておしっこを我慢するようにすると、射精を止めることができます。
が、その前に、ゆっくりピストンすることで、射精を制御します。
7日に一回くらいだしてもいいとかいろんな説がありますが、その辺は本を読んでみてください。

7、後戯
これはなにかで学んだのですが忘れました(^_^;)
女性は熱しにくく冷めにくい、ですから、男性が射精してもしばらく余韻がありますので、男性はしばらく一緒に寄り添った方がいいです。

以上です。
最後まで、ざっと二時間以上かけるので、激しくやるのは無理だと思います(^_^;)
その時の気分や女性の好みで、激しい方がいいとかあるかもしれませんが、そこは臨機応変に。(^-^)

参考になる文献などを以下にリンクしておきますね。

陰陽和合の性愛術 タオが開くSEXの扉

直伝DVD版 アダム徳永のスローセックス ―はじめてのアダムタッチ―

クリトリス愛撫法
http://orgasm-howtosex.com/kuri/kurikihon.html

OLIVIAさんのブログ
http://am-our.com/author/8/article


追記
ちなみに、これを真面目にやると、男性はその女性がとっても愛しくなり、女性もその男性をとっても愛しく思うので、結果的にお互いに満たされて、一人の相手しか求めなくなると思います。
真の愛はそのようなものではないかと思います。
でも、宇宙はすごく自由なので、真の愛がどんなものかは、もしかしたらその先があるかもしれませんが。。。

なんのために人は生まれてくるのか3

f:id:hotsumax:20161225094329j:plain

おはようございます、ホツマです。

先日春じゃないかと言うくらい暖かくなりましたが、また冷え込んできましたね。

さて、なんのために人は生まれてくるのか、についてですが、前回、自分の信じたものが真実なんじゃないかということを書きました。

というのも、ホントにいろんな人がいろんな持論を持っていて、しかも体験談とか実例がけっこうあったり、でも中にはそれではうまくいかなかったという人もいたり、例えば私は日本の神様が好きで信じてるんですけど、信じてなくても人生うまくいってる人もいたり、苫米地英人さんとかね。

かたや、小桜姫物語とか、
http://www.paperbirch.com/sakura/index.html
丹波哲郎さんとか、
http://www.tamba.ne.jp/
出口王仁三郎さんの霊界物語とか、
http://reikaimonogatari.net/
やっぱり神様ってあるよと納得するようなことを言ってた人がいたり。

そんなことから、人生って自分の中に宇宙を創造してるんじゃないかとも思ったりします。
まぁ、答えはまだないですね。

あと、最近出会った、池川明さんが言っているのは好きです。
胎内記憶、胎内に宿る前の記憶がある子供達が日本にも約2割くらいいて、もしかすると話さないだけで実はもっといるかもしれないけど、その子達の話す内容が、大体おなじなんだそうです。
そういう子をお持ちのお母さんが書いてるブログもあったり。
http://ameblo.jp/yokotamama
次はこんな人生がいいなーと考えてて、空からお父さんお母さんを見てて、この人のところがいいって神様みたいな人に言って、お母さんのお腹にピューって宿るらしいです(^_^)

あと、この宇宙は神が自分を知るために作って、自分の魂を人間に分けて、いろんな視点からいろんな経験をして、それをたくさん積み上げている、というのもありますよね。
木内鶴彦さんも似たようなことを本にかかれてますが、神様が退屈だから空間を歪めてこの宇宙を作ったとか。

この宇宙はホントに奥深くて、自分にはまだまだわからないですが、ただ、この地球が太陽系のこの位置にあって、太陽とか月とかその他の惑星や彗星の影響を受けて、いまの環境を作り、人類が誕生したというのは、科学的にいっても天文学的な確率だそうで、まさに奇跡の上に奇跡がおこったようなものだそうです。

すると、神様というか、なにかの意志がこの宇宙を作り出したと考える方が自然な気がします。
また、この人生は、奇跡の上に奇跡がおこってそのうえにある奇跡なので、ホントに感謝してできる限りのことをして生きていくのがいいのかなと思います。

こんなところで、この話題はとりあえず終わりにします。

ありがとうございました。